ポイ積 保有銘柄のライバル投信を設定!

こんばんわ。ポイ積です。

 

さて「ポイ積の長期投資最強日本株ポートフォリオ」が出来上がったところですが、最初に申し上げたとおり素人ですので、リスク分散の意味も込めて、積立NISAでライバル投信を設定し、毎月同額程度積み立てていきたいと思います。

ポイ積み最強ポートフォリオが、プロ集団の運営管理する投資信託に勝てるのか、勝負を挑んでいきたいと思います。

では、そのライバル投信はどこか、それは…

「コモンズ30ファンド」(コモンズ投信)!!!

なにそれ…どこ?知らない… という方のために以下解説です。

 

コモンズ投信は、家計の金融資産を長期的に増やしていくためには、好業績を実現している強い企業への長期積立投資が必要とする、2008年に誕生した独立系の資産運用会社です。

設立したのは現在も取締役会長を務める渋澤健氏。あの渋沢栄一の玄孫にあたります。

 

で、コモンズ30ファンドは、そんなコモンズ投信の思想を表現したファンドで、30年目線(長期投資)で、外部環境の変化に強い企業を30銘柄程度に厳選して集中投資をするというもの。

ちなみに投資している企業はほとんどが海外売上比率が50%以上のグローバル展開企業、業種的な分散も効いていて、まさに「ポイ積の長期投資最強日本株ポートフォリオ」の相手には不足なしといったところ。

ちなみにポイ積ポートフォリオ銘柄の中では三菱商事さんと特別枠・楽天さんが被りますね。

f:id:SMGRY:20201226135935j:plain

 

IMG_0285.jpg

では、なぜ数ある投資信託の中から、「コモンズ30ファンド」をライバル投信に選んだのか?

それは…昨年始めたポイント投資、楽天証券楽天ポイントの投資先を探しているうちに偶然見つけて、既に5,500ポイントぐらい投資してしまっていたので・・・。

保有商品一覧  保有商品  投資信託  楽天証券[SP].png

成績も順調でも長期投資の思想もあっているし、ライバルとしてはもってこいのファンドだと思うので。厳密には積立NISAには移行できないので、新たに積立設定をする必要があるので、一から始めないといけませんが、まぁよしとしましょう。これまでの運用分は一旦解約してポイ積最強ポートフォリオの方に組み込みます。