社会人の学び直しにおすすめなブランド大学院

f:id:SMGRY:20220131080106j:plain

こんばんわ、ポイ積 純一郎です。

メルカリさんのニュースに目を奪われました。

 

about.mercari.com

 

齢40代も後半、50歳手前のポイ積ですが、元来勉強は好きな方で、このメルカリさんの制度はものすごく羨ましく感じます。

でも、実際に勉強するに時間も労力もコストも必要。しかもこの制度は「博士」であり、「修士」ではありません。

MBAとるのとはわけが違うのだと思いますが、それにしても調べてみないことにはスタートしない。とはいえ、博士になる前に修士にならないと受験資格すら得られないところもありますので、まずは「修士」の学位を得れるところから調べてみます。

 

 

社会人が大学院に通うための重要な検討項目

自分が社会人として学ぶのであれば、以下の要素は極めて重要と感じます。

①学び易さ

言うまでもなく、普段働いているわけですから。土日や夜間で学べるプログラムであるというのが最低限必要。それと周りに社会人が多いのか少ないのか。20代の若者多数の中で、おっさん1人で突っ込んで同化することなど痛過ぎて学びに集中できません。加えて、修了条件がどのようなものなのか、社会人と一般での違いがあるのかとか、重要な要素ですね。

②場所

これも①に近い話ですが、通い易さは学び易さにもつながりますし、普段働いている身としては、仕事終わりや土日に通勤時間1〜2時間かかるようでは候補になり得ません。ちなみにどなたが読んでいるか分かりませんから、平等に日本の中心、東京駅からの距離感を見たいです。

③学費

それはそうです。これが高額過ぎてはいくら学び直しとはいえ蓄えがないと厳しいですね。しかもポイ積は大学生二人を抱えて学費が最高潮に高い時期です。そんな時に高額の大学院費用なんて現実的ではありません。

④入り易さ

これは正直入試を受けたこともないので分かりませんが、少なくとも募集要項その他から読み取れるものの中で、これはハナから無理だ、となるものもあります。

⑤ブランド

やっぱり見栄っ張りの自分にとっては必要です。モチベーションの源みたいにもなると思います。名も通らない大学院通って、MBA取りました!とか博士課程学んでます!みたいな、素の学びのモチベーションも良いのですが、一定そこにブランド価値も求めたくなるのは正直な心ではないでしょうか。よってここでは私立は早慶上理、MARCHあたりまで、プラスαの国立を調べてみます。

 

と言うことで、これらの条件を各大学院について調べていきたいと思いますが、まずは修士課程からみたいと思います。

また主にビジネスマンが通うことを想定していますので、MBAなどビジネス領域に関連の強く、学び直しを目指す社会人に最もおすすめの専攻科を各大学1つご紹介します。

 

早稲田大学大学院 経営管理研究科

f:id:SMGRY:20220130163617j:plain

WASEDA Business Schoolです。主に社会人が多かろうコースは、「夜間主総合」コースとそれを分離した「夜間主プロフェッショナル(マネジメント専修・ファイナンス専修)」の2コース、計3コースがあります。

平日夜間は18:50〜22:00までの2時限、土曜日は9:00〜19:45までの6時限です。2年以上在学して50単位以上を習得し、プロジェクト研究及び研究指導における指導を経てプロジェクト研究論文を執筆。論文審査及び試験に合格すると「経営管理修士(専門職)」の学位が授与されます。

やはり学費は高額ですね。

入学時期

4

出願要件

特になし

入学試験

一般入試

一次:書類審査・小論文

二次:面接

授業時間帯

平日夜間・土曜

修業年限

2

キャンパス

早稲田キャンパス
早稲田駅(東京駅から約30分)

学費

初年度166.3万円
2年次170.3万円
合 計336.6万円
教育訓練給付金対象

授与学位

経営管理修士(専門職)
Master of Business Administration

www.waseda.jp

youtu.be

 

慶應義塾大学大学院 経営管理研究科(EMBAプログラム)

f:id:SMGRY:20220130174818j:plain

Keio Business Schoolです。こちらは正直社会人にはハードルが高いプログラムです。通常のMBAプログラムは夜間・土日ではなく、2年間フルタイムの教育課程になっています。よってここでは、経営管理研究科のEMBAプログラムをご紹介します。

EMBAとは一般的にはExecutive MBAの略で、エグゼグクティブ、簡単にいうとややお偉方向けのMBAです。KBSのEMBAプログラムは、大学を卒業し、職務経歴が通算15年相当以上の方が出願資格となるため、20代〜30代のビジネスパーソンの方はそもそも対象になりません。

出願方式は二通り、A方式は所属する企業・団体等の推薦による出願、B方式は個人資格での出願です。B方式は一次は書類審査、二次は筆記試験と面接です。

とはいえですね、下表の学費を見ていただきますと分かります通り、大変桁違いに高額で、申し込む覚悟を持った方なら大概は入れると言ってはなんですが、過去の受験者数と合格者数の推移を見ると、7割ぐらいの方は合格となっています。

以下の学費以外にも書籍代やフィールド活動参加に伴う旅費・宿泊費などが発生するそうです。

入学時期

4

出願要件

・通算15年以上相当の職歴が必要

入学試験

一般入試(B方式)

一次:書類審査

二次:筆記試験・面接

授業時間帯

土曜日中心

修業年限

2

キャンパス

日吉キャンパス
日吉駅(東京駅から約45分)

学費

初年度356.8万円
2年次356.8万円
合 計713.6万円
教育訓練給付金対象

授与学位

修士経営学
Master of Business Administration

www.kbs.keio.ac.jp

 

 

上智大学大学院  経済学研究科(経営学専攻)

f:id:SMGRY:20220130163437j:plain

上智大学では「博士前期課程」としてのコースがあります。この博士前期課程を終えると「修士」としての学位が与えられることになります。社会人受験のコースがありますが、授業はどうやら平日フルタイムです。夜間や土日の授業をしてそうな気配が全くありません。また出願するにあたって推薦者2名(これは大学の教授さんが基本で、無理なら会社の上司等を2名)が必要で、何だかハードルが上がります。何を学びたい(研究したい)のかを研究計画書に落とし込んで出願する必要があり、この分野について明確に学びたいとの意思も必要です。立地、学費共にかなり良いのですが、学び難さが致命的かもしれません。

 

入学時期

4

出願要件

・企業等における実務経験が通算3年以上

・研究計画書の提出

・推薦者2名による推薦状

入学試験

口述試験

授業時間帯

平日フルタイム

修業年限

2

キャンパス

四谷キャンパス
四ツ谷駅(東京駅から約10分)

学費

初年度92.1万円
2年次72万円
合 計164.1万円

授与学位

修士経営学

www.sophia.ac.jp

 

東京理科大学大学院 経営学研究科(技術経営専攻 専門職大学院

f:id:SMGRY:20220130172356j:plain

理系大学の東京理科大学にも経営学に関する修士課程があります。具体的にはちょっと理系らしく「技術経営修士(専門職)」(MOTと呼ばれています)というようですが、出願資格の中に理系大学とか学部を卒業している等の条件はついていません。文系卒の方に対しても理系の素養を叩き込む的な記載もありますから、文系出身のポイ積は興味津々です。

平日夜間は18:40〜21:50の2時限、土曜日は8:50〜20:15の7時限で、対面・オンライン併用で参加可能です。参加者のデータなんかも公開されていて、社会人比率が100%、50歳代が12%、40歳代54%、ということで半分以上がおっさんというのも心強いです。

費用はそこそこかかりますが、立地は素晴らしく、おそらくMBAのような修士を目指している方は文系の方も多いでしょうから、脳味噌に違った刺激があるかもしれませんね。

 

入学時期

4

出願要件

・履歴書

・出願理由書(1)-(3)

・技術経営に関する自由テーマで小論文(3,000字以内)

・職務実績書(指定様式)

・研究業績書(指定様式)等

の提出が必要

入学試験

・書類審査

・面接

授業時間帯

平日夜間・土曜日

修業年限

2

キャンパス

神楽坂キャンパス
神楽坂駅(東京駅から約20分)

学費

初年度167.3万円
2年次147.3万円
合 計314.6万円

授与学位

技術経営修士(専門職)

Master of Management of Technology

most.tus.ac.jp

 

明治大学大学院 経営学研究科(博士前期課程マネジメントコース)

f:id:SMGRY:20220130183809j:plain

同じ研究科にある別コース、リサーチコースとは別に、社会人向けに用意されたコースです。通算3年以上の実務経験を有する社会人を募集対象としていて、平日夜間18:00〜21:30(2時限)と土曜日13:30〜17:00(2時限)だけで修了可能なカリキュラムとなっています。他の大学院よりも時間的制約が少ないのが特徴的ですね。

学費についても早稲田や東京理科などの1年分ぐらいの出費で良いのでかなりリーズナブル。立地は御茶ノ水なので東京駅からは超近い。便利も便利。

だいぶおすすめの大学院ではないでしょうか。

入学時期

4

出願要件

出願時に通算実務経験3年以上の社会人

・入学志願書

・研究計画書

等の提出

入学試験

・小論文

・面接

授業時間帯

平日夜間・土曜日

修業年限

2

キャンパス

駿河台キャンパス
御茶ノ水駅(東京駅から約10分)

学費

初年度82.3万円
2年次62.3万円
合 計144.6万円

授与学位

修士経営学
Master of Business Administration

www.meiji.ac.jp

 

青山学院大学専門職大学院 国際マネジメント研究科

f:id:SMGRY:20220130192833j:plain

青山ビジネススクール(ABS)と呼ばれるMBAコースです。社会人向けには夜間と土曜日で履修するプログラム「イブニングコース」があります。平日夜間は18:30〜21:40の2時限、土曜日は9:00〜21:40の7時限で履修可能です。

出願要件は3年以上の職務実務経験があれば良いので比較的ハードルが低め。学費は早稲田や東京理科などと同じレベルで求められますが、早稲田同様教育訓練給付金の対象になるので、最大112万円ほど戻ってくるので、トータル200万円強。

立地は渋谷駅もしくは表参道駅から少し歩きますが、東京のど真ん中でにあるので、色々なところからアクセスできる便利さがありますね。洗練された青山の雰囲気の中でビジネススクール、お洒落すぎますね。

入学時期

4

出願要件

出願の時点で企業等組織に勤務し、3年以上の職務実務経験

入学試験

・課題レポート

・面接

授業時間帯

平日夜間・土曜日

修業年限

2

キャンパス

青山キャンパス
表参道駅(東京駅から約30分)

学費

初年度181.3万円
2年次149.3万円
合 計330.6万円

教育訓練給付金対象

授与学位

経営管理修士(専門職)
Master of Business Administration

www.aoyamabs.jp

 

立教大学大学院 経済学研究科

f:id:SMGRY:20220130202044j:plain

MARCHの一角、立教大学については、経営学MBAではなく経済学を選びました。経営学は金土を中心で学べるのですが費用が高くなるため、敢えてコストが安く、平日夜間・土曜日の履修のみで終了できる経済学について取り上げた次第です。特徴的なことは、このコースを修了すると税理士試験科目(税法に属する科目等)一部免除も得られるという点です。

学費も相対的に低いだけでなく、教育訓練給付金の対象となるため、さらに低コストでの履修ができる可能性があります。立地は池袋ですから、埼玉方面とかにお住まいの方とかは便利になるかもしれないですね。

余談ですが、こちらの大学のホームページが一番分かりずらかったですね。

入学時期

4

出願要件

入学時までに2年以上の実務経験

入学試験

・小論文

・面接

授業時間帯

平日夜間・土曜日のみで修了可能

修業年限

2

キャンパス

池袋キャンパス
池袋駅(東京駅から約20分)

学費

初年度91.4万円
2年次68.9万円
合 計160.2万円

教育訓練給付金対象

授与学位

修士(経済学)

www.rikkyo.ac.jp

 

中央大学大学院 戦略経営研究科 戦略経営専攻MBAコース

中央大学ビジネススクールCBS)の特徴は、学生のプロフィールにあります。平均年齢が約42歳、50代の受講生が16.7%、部長クラス以上が26.6%、課長クラス以上が41.6%と正におっさんが通うビジネススクールです。就業経験が3年以上との受験資格であるものの、それを大幅に上回る受講生が多く、慶應ビジネススクール同様、Executive MBAに近いプログラムになっています。

また開講時間・日程も特徴的で、平日は火曜日〜金曜日で18:30〜22:00の2時限、土曜日が9:00〜20:05の6時限、日曜日が10:00〜17:30の4時限と、月曜日休みの日曜日開講があるため、平日をフルフル活用しなくても修了できるところが良いところ。また平日はオンラインも活用できるとのことで、利便性が高いプログラムになっています。

立地は現在後楽園キャンパスですが、2023年度から駿河台キャンパスになるようで、より便利な場所になるようです。

色々融通の効くプログラムですが、コストが一流大学院レベルなので、お財布との相談でしょうか。でもどこもどっこいですか。

入学時期

4月・9

出願要件

有職者(3年以上の就業経験保有者)

入学試験

・書類審査(経歴書・志願理由)

・面接

授業時間帯

平日夜間・土日

修業年限

2

キャンパス

後楽園キャンパス
水道橋駅(東京駅から約15分)

学費

初年度185万円
2年次155万円
合 計340万円

教育訓練給付金対象

授与学位

経営修士(専門職)

www.chuo-u.ac.jp

 

法政大学大学院 経営学研究科(経営学専攻夜間コース)

f:id:SMGRY:20220131000820j:plain

法政ビジネススクールは平日夜間18:35~22:00の2時限、土曜日の午前1・2限(9:00~12:30)午後3・4限(13:10~16:40)で履修可能なコースです。

このビジネススクールでは、「企業家養成コース」「国際経営コース」「人材・組織マネジメントコース」「マーケティングコース」「アカウンティング・ファイナンスコース」の5つのコースから受講コースを選択可能で、他の大学に比べて履修科目の選択の幅が広く感じます。

他の大学院に比べて学費もリーズナブル、かつ教育訓練給付金の対象となるため、相対的には安く済むプログラムです。

キャンパスは市ヶ谷ですから立地も抜群です。

入学時期

4

出願要件

・課題レポート

・研究計画

入学試験

・面接

授業時間帯

平日夜間・土

修業年限

2

キャンパス

市ヶ谷キャンパス
市ヶ谷駅(東京駅から約15分)

学費

初年度85.3万円
2年次65.3万円
合 計150.6万円

教育訓練給付金対象

授与学位

経営学修士
Master of Business Administration

hbs.ws.hosei.ac.jp

一橋大学大学院 経営管理研究科

f:id:SMGRY:20220131072114j:plain

これから国公立系をいくつか紹介します。まずは一橋大学一橋大学の大学院では経営管理研究科において、HUB(Hitotsubashi University Business School)「経営管理プログラム」と「金融戦略・経営財務プログラム」の2コースを社会人向けに開講しています。ここでは後者の「金融戦略・経営財務プログラム」を取り上げますが、出願資格等や入試方法で細部に異なることがあるものの、プログラム内容以外は概ね同じ内容です。いずれも修了すれば経営学修士の学位が授与されます。授業時間は、平日は18:20〜22:00までの2時限、一部科目を土曜日に集中開催するとの方式です。(科目によって違う。)

ロケーションも千代田区内、神保町駅竹橋駅から徒歩3〜4分圏内ですので、東京駅近郊のビジネスパーソンが通うには絶好。

また国立大学だけに、名門一橋であっても他大学院対比ではそこまで高くなく、コスパが大変良さそうです。

入学時期

4

出願要件

原則2年以上の実務経験

入学試験

一次:書類選考

二次:面接

授業時間帯

平日夜間・土

修業年限

2

キャンパス

千代田キャンパス
竹橋駅(東京駅から約10分)

学費

初年度92.5万円
2年次64.3万円
合 計156.8万円

教育訓練給付金対象

授与学位

経営学修士
Master of Business Administration

www.hub.hit-u.ac.jp

 

筑波大学大学院 人文社会ビジネス科学学術院ビジネス科学研究群

f:id:SMGRY:20220131075508j:plain

筑波大学経営学学位プログラムは、夜間開講の社会人大学院の草分け的存在で、その開設は1989年と古く、長年のノウハウが蓄積されています。

平日夜間は18:20〜(終わり時間が見つかりませんでした)と土曜日でプログラムの修了が可能です。

平均年齢が35.4歳、50歳代1名、40歳代10名、20〜30歳代25名が令和3年度入学者の実績ということで比較的若めですが、学費はご紹介する中では最も安いレベル。ロケーションも茗荷谷ですから東京駅から乗り換えなく、抜群の環境です。

入学時期

4

出願要件

研究計画書

入学試験

研究計画書:30

小論文試験:20

口述試験50

授業時間帯

平日夜間・土

修業年限

2

キャンパス

東京キャンパス
茗荷谷駅(東京駅から約15分)

学費

初年度81.8万円
2年次53.6万円
合 計137.2万円

教育訓練給付金対象

授与学位

修士経営学

www.office.otsuka.tsukuba.ac.jp

 

以上紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。学びのモチベーションを上げて、学び直しを具体的に前に進めていきましょう。