【悲報】アサヒGHさんに迫る「リストラの足音」

こんばんわ、ポイ積 純一郎です。

週刊ダイヤモンドに『アサヒに迫る「リストラの足音」』との記事がありましたのでご紹介。

 

アサヒGHさんが発表した第1四半期決算、ポイ積も本ブログの中で日経新聞「銘柄診断」に掲載されたことの中でご報告をしましたが、主には昨年度に買収したオーストラリアのビール最大手会社の業績が好調だったことが要因でしたが、今回の記事は、その裏で基幹事業である国内酒類事業は超やばい状況だよ!?ってことを警鐘しています。

 

www.smgry.com

 

国内酒類事業は、コロナ禍による業務用市場での不振で、売上高は▲16.5%、事業利益は▲37.1%と大幅な減収減益。すでに構造改革は始まっており、リストラに踏み切っておかしくない状況とのこと。国内営業拠点は半減、全国の営業拠点は55ヵ所から26ヵ所に集約。このうち18ヵ所はアサヒビールアサヒ飲料アサヒグループ食品の「グループシェアオフィス」になる。表向きはリモートワークなどの新しい働きが進んでいる事になるものの、コスト減効果は大きく、本当の目的はこっちでは?とも感じさせます。

 

次に人員削減に手をつけるかどうか、19年にはキリンさんが、20年にはサッポロさんが早期退職の募集を行っており、アサヒさんも追随するかどうか。

従業員一人当たりの生産性を比べると、アサヒさんの1.3億円に対して、キリンさんは1.5億円。過去の生産性に合わせるまでを考えると、現在はざっくり1200人ぐらい削減する必要あり、やるとすると大きな判断ですね。

 

これを回避するためにはやっぱりスーパードライの復活。本当は「ゴールドパートナー」になっている東京オリンピックパラリンピックで勢いをつけるところだったのが延期。無観客とかになったら勢いもつかない。

次のチャンスは2023ラグビーワールドカップハイネケンから「ワールド・ワイド・パートナー」の座を奪ったのは既報の通り。ここで勢いをつけて、スーパードライ復権を目指します。

 

www.smgry.com

 

www.smgry.com